世界中の妊娠が摂取する葉酸

 

妊娠がわかり病院で健診を受けるようになると、たくさん葉酸を摂るようにと勧められるでしょう。
母子手帳にも書かれていますし、1日400マイクログラムの摂取を厚生労働省も推奨しています。
胎児は、葉酸が足りなくなることで、神経管閉鎖障害を引き起こす可能性があるためです。

 

葉酸と聞くと、貧血に効く栄養素というイメージがあることから、母体のために葉酸摂取が推奨されているのかと思ってしまいそうですが、赤ちゃんの健やかな成長のために大切なことなのですね。
葉酸をしっかり摂ることは、もちろんママの貧血防止にも役立ちます。
妊婦さんは鉄欠乏性貧血が心配なので、できるだけ葉酸を摂るようにしましょう。

 

始めての妊娠のときは、まだ神経管閉鎖障害は聞き慣れない病気かもしれませんが、妊娠初期の時期に胎児の脊椎や脳を作る神経管が正常に作られなかった場合に発症する、先天異常のことです。
神経管閉鎖障害を葉酸の摂取によってリスクを少なくさせられるということは、世界的に知られていますから、どこの国のママも葉酸を摂るように勧められているのです。
葉酸を食べるだけで、必ず発症しないというわけではないのですが、発症する確率を確実に減らせます。

 

葉酸を含有する食べ物は、芽キャベツやホウレンソウなどです。
葉酸は、加熱することで破壊されるという性質を持っていることから、食事から摂取するのは困難かもしれません。
材料に葉酸を使用した青汁は、栄養素を失わずに吸収できるのでとても便利です。
手軽に続けられるというのも、妊婦さんにいいのではないでしょうか。